認定栄養ケア・ステーションぱくぱく

【ごあいさつ】

日本栄養士会の認定を2019年9月に受け、栄養ケアを提供する地域拠点窓口として活動を行っています。高齢になっても、障害があっても、食を通じて生活の質を向上させ、誰もが
食”を楽しみ、生きがいのある暮らしを続けられる地域づくりへの貢献を目指しています。

地域住民の方はもちろん、自治体、健康保険組合、民間企業、医療機関、薬局などを対象に、日々の栄養相談、特定保健指導、セミナー・研修会講師、調理教室の開催など、食に関する幅広いサービスを展開しています。
皆さまの食の課題に、管理栄養士・栄養士が対応していきます。
                              責任者 潮田 直子


事業内容

地域の皆さまへ 食に関してのご相談に対応します
外来栄養食事指導
在宅訪問栄養食事指導
栄養相談(ぱくぱくオープンカフェの開催)
介護食の試食会
栄養講習会・料理教室など
介護・福祉施設の皆さまへ 介護サービスをご利用の皆さまの食をサポートします
デイサービスやグループホームなどの栄養管理
献立作成
栄養アセスメント
栄養相談
栄養スクリーニング加算・栄養改善加算の算定に関わる業務
介護・調理スタッフ向けの栄養セミナー、料理教室など
企業の皆さまへ 社員の健康管理や栄養に関するセミナーの開催などにご活用ください
特定保健指導
社員食堂の献立作成
栄養に関する講師の派遣
料理教室(介護者、男性向け、離乳食など)
医療機関の皆さまへ 診療所や、施設において管理栄養士が不在で、栄養指導が出来ないなどのお困りごとに対応させていただきます。
外来栄養食事指導
在宅訪問栄養食事指導
集団栄養食事指導など
料理教室(介護者、男性向け、離乳食など)

その他、ご相談がございましたら、お電話やメールにてお問い合わせください。

 

【訪問栄養食事指導について】

ご自宅に訪問して栄養食事指導を行います。

  • 管理栄養士が療養者のご自宅等へ訪問し、栄養や食事の面から一人一人に合わせたアドバイスやサポートをさせていただくサービスです
  • 医療保険・介護保険(居宅療養管理指導)が利用できます。
  • 糖尿病や腎臓病などの病気のある方、噛んだり、飲み込んだりすることが難しくなっている方、食欲が落ちてしまっている方などいろいろな状況に対し食事の内容や食形態、調理方法などについて相談に応じ、より豊かな療養生活が送れるよう支援します。

対象疾患(医療保険・介護保険)

腎臓病・肝臓病食・糖尿病・胃潰瘍食・貧血食・すい臓病食・脂質異常症食・痛風食・心臓疾患等に対する減塩食・特別な場合の検査食、十二指腸潰瘍に対する潰瘍食・高度肥満食に対する治療食・高血圧に対する減塩食

介護保険対象

嚥下困難者のための流動食、低栄養状態

医療保険対象

がん患者、摂食機能若しくは嚥下機能が低下した患者又は低栄養状態にある患者

※介護保険利用の場合はケアマネージャーによるケアプランの作成が必要となります。
 ご利用に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

案内図