結城市在宅ケア相談センター

ごあいさつ

結城市も少子化の影響で、人口減少が加速されつつありますが、いよいよ高齢者人口も減少に転じます。
働く世代が少なくなる中で、団塊世代が後期高齢者(75歳以上)となる2025年には、地域が一丸となって、高齢者を支える地域包括ケアシステムの一層の深化が求められています。
 住み慣れた地域で最期まで、自分らしく尊厳を守られながら暮らすためには、医療と介護が一体的に提供される在宅ケアの普及を避けて通ることができません。そこで、在宅医療・ケアの経験豊富な医療法人アスムスが在宅ケア推進しようと結城市在宅ケア相談センター(通称ケアセン)事業を受託することとなりました。在宅ケアに精通した看護師や社会福祉士とともに、「結城市で暮らしてよかった」と誰もが思える地域作りに貢献したいと願っています。
センター長  太田 秀樹


事業内容

結城市在宅療養資源リストはこちら


お問い合わせ

所在地