医学書院
訪問看護と介護 2005.7.15発行

リフレッシュのすすめ 7
柔道があるから頑張れる

介護老人保健施設生きいき倶楽部
鉄炮塚善邦

鉄炮塚善邦

老人保健施設生きいき倶楽部(介護職)
私は幼少の時から柔道をしています。柔道歴は16,17年くらいでしょうか。何をしてもすぐに飽きてしまうのですが,柔道だけは続いています。
太っていた兄が,知人に「柔道をやればやせられるよ」と言われたことから,ついでに弟の私まで柔道を一緒に習わされるはめになったのです。私は小さい頃は体が細く,すぐ風邪をひく軟弱者でした。親はそんな私のことが心配で,柔道を習わせたと聞いています。
柔道でリフレッシュできるというのは,やはり人
を投げ飛ばすあの快感がたまらないからです。それで思い出すのは高枚生の時のことです。
私がいた高校の柔道部は,弱い先輩ほど威張っていました。だからつくづく先輩・後輩の関係はいやなものでした。大嫌いといってもよいほどです。「何でペコペコしないといけないのかなあ」といつも思っていたので,練習でその威張っている先輩をぶん投げる快感は,本当に気持ちのよいものでした。

暑さとの闘い
もう1つのリフレッシュ法は,サウナに入ることです。友人や後輩から遊びに誘われて「どこへ行く?」となった時は,決まって「サウナの中で考えよう」となります。
まずは汗をかきながら世間話で盛り上がります
が,やがて時間が経つにつれて,しゃべるのもつらくなり,結局会話はなくなってしまいます。この状況になると,お互い相手の様子をうかがいながら「俺のほうが長く入ってやる」と心の中で思っています。意識が飛びそうになっても,お互い変なプライドがありなかなか出られません。本当につらいです。
でも,長い時間我慢してその後に入る水風呂の気持ちよさは,言葉では言い表わせません。そのときはいつも「長い時間我慢してよかったなあ」と思います。しかしまだどこに遊びに行くかは決まっていません。自虐的ですが,幸せを感じる一瞬です。

柔道vs他の格闘技にドキドキ
3つめのリフレッシュ方法は,格闘技を観ることです。最近は,柔道出身の人がプロのリングに上がることが多いので,本当に楽しみに観ています。他の格闘技出身者と比べてどこまで通用するのかと,ドキドキ,ワクワク,ハラハラしながらテレビに釘づけになります。
柔道出身者がボクシングやキックボクシングの出身者にボコボコに殴られたり蹴られたりする光景をみると情けなくなりますが,最後に締め技や関節技で逆転勝ちをすると,かなり興奮します。やっぱり柔道は強いんだと思い,胸の中にあったモヤモヤ感もどこかに吹っ飛んでしまいます。単純なものです。そして私ももっと強くなりたいと気合が入ります。 こうやって振り返ってみると,私のリフレッシュ法は,格闘技にからんでいることに気づきます。サウナにしても,著さとの戦いだからです。
柔道をやっているから,仕事でもうまくバランスを保つことができるんだと信じています。仕事で失敗などして落ち込んでいても,頭のどこかに柔道のことや,もっと強くなりたいという目標があるから,へこたれずに頑張れるのです。
もし柔道をやっていなければ,ただの飽きっぽい人間で,仕事もコロコロ変えていたかもしれません。これから先も,仕事で失敗したり考え込んだりすることがあると思いますが,その時は柔道でリフレッシュし,新たな気持ちで仕事に臨みたいと思います。これからも柔道を続け,仕事でも頑張れる人になりたいと思います。

TOPへ  おやま城北クリニック  蔵の街診療所  街かどクリニック・世田谷  生きいき診療所  生きいき倶楽部  訪問看護おやま  ケアセンター 居宅生きいき ケア研究所 RISTEX 理事長の部屋  最新情報  アスムス概要